1.パソコンのイメージ

皆さんは現在既に日常生活や仕事でパソコンを充分に使いこなしていますか。それとも皆さんはいまパソコンを買ったばかり或いは勉強を始めたばかりの初心者ですか。或いは仕事や生活においてパソコンに全く縁も関心も無い人ですか。それはいいとして、皆さんはパソコンに対して、一体どんなイメージを描いていますか。この質問に対しての答えとしては、皆さんのパソコンに対する習熟度、利用状況によって、パソコンに対して抱いているイメージは異なってくるでしょう。とはいえ皆さんもよく考えてみてください。現状では、パソコンは例えば会社でも学校でも、政府機関でも病院でも、それに生産現場でも、社会のありとあらゆる場所で使われ、すっかり必需品と位置づけられています。言い換えれば、パソコンがなければ、この社会はやっていけない、と言ってもいいでしょう。ただし勿論この社会にはパソコンを使わない人、使えない人も少なからずいます。ですが実際のところ、パソコンができなかったらこの社会から淘汰されてしまうのでしょうか。もし皆さんが特にパソコンの初心者や、パソコンを使わない人だという場合だったら、パソコンに対しては、パソコンは今や社会の必需品で、もしそれを使えなかったら他人から軽蔑されたり、馬鹿にされたり、あれこれ不利益を蒙ったりするのでは…と思っているのではないでしょうか。或いはパソコンは使いたくても使いこなすにはとても難しい、厄介な道具だと思っていませんか。
確かにパソコンからは一見すると難しい、かつ味気ない機械だという印象を受けます。確かに試しにパソコンの説明書や解説書などを手に取ってみると、あまり親切に書かれているとは言えません。それ故パソコンに対しては上記のような負のイメージを持っている人が少なくないでしょう。ですがそうした人が少なからずいる一方で、例えばパソコンができればいろいろと便利になって、世界中の情報を瞬時に手にできる、世界中の人とお友達になれる、と思っている人も少なくないのではないでしょうか。パソコンは難しそうな分、何だか神秘的なイメージに満ち溢れており、その分パソコンをマスターしたときの、その利便性は量り知れないようにも思えます。これがパソコンに対する代表的な正のイメージといったところでしょうか。
以上がパソコンに関する、代表的なイメージを挙げてみましたが、厳密に言うなら、これらのイメージに関する答えは実はどちらも正しいとは言えません。確かにパソコンがあって、もしそれを使いこなすことができるようになったら、仕事、勉強、遊びのみならず、生活そのものの質が変わってきます。そのこと自体は事実です。またパソコンをマスターすることは思っているほど難しいものでもありません。ですがそうかといって、パソコンをマスターしさえすればすぐに世界中の情報が簡単に手に入れられ、またいつでも国境を越えて世界中の人々と交信できるようになるというほど、すごいものでもありません。
こんな話を聞いて、何だかぴんと来ないという人のために、ここで質問を変えてみることにしましょう。パソコンは一台の機械なのですが、この一台の機械でいったい何ができるのでしょうか。この質問に対しては、皆さんは正確に答えることができますか。例えばある程度パソコンに精通した人、使いこなしている人ならワープロ、表計算、インターネット、Eメールをはじめ、ゲームPCでゲームなどなど、ざっと以上のような幾つかの答えが出てくるでしょう。皆さんにとっては既にお馴染みのパソコンの機能であろうそれらの答えでも、決して間違いではありません。ですがここでもう一度ゆっくり考えてみる必要があります。先ほどの質問の答えとしては、本当にこれだけで十分なのでしょうか。パソコンにできることは本当にそれらだけなのでしょうか。実はパソコンには秘められた未知の能力があるのではないでしょうか。
皆さんはここまで読んでいて、更に頭が痛くなってきたかもしれません。一体この文章で何が言いたいの、と突っ込みたくなっているかもしれません。ですので次を最後の質問とします。最後の質問は以上の問題と比べると、最も難しいかもしれません。ずばり、パソコンは一体何のためにあるのでしょう?皆さんは答えられますか。一見したところかなり難解な質問であり、いわばパソコンの目的、存在意義を問うたものですが、これに対して皆さんはどんな答えを用意していますか。いろいろな答えが考えられるでしょうが、実際のところ恐らく正答と言うのは無いと思います。むしろその答えは無限にあるのではないでしょうか。例えば表計算のため、インターネットのため、ゲームのため…、会社だったら営業管理、顧客管理、人事管理のため、学校だったら生徒の情報管理のため、工場だったら生産管理、病院だったら患者の病歴管理…何だか管理という言葉ばかり並んだような気がしますが、このようにパソコンの目的、存在意義を述べるものなら、その答えはいくらでも出てくるでしょう。
パソコンは何のためにあるのか、そして一体何ができるか、パソコンという言葉を聞いて何を想像するか…抽象的でわかりにくい質問が続きましたが、実はこれらの質問の答えに直結するキーワードがあります。それがソフトです。ソフトと言う言葉はパソコンに詳しい人は勿論、パソコンを使わない人でも耳にしたことがある筈です。パソコンユーザーはパソコンを使う目的、必要に応じてパソコンにソフトを入れます。するとパソコンの中でそのソフトが起動し、そうして初めてパソコンがユーザーの使用目的に合わせた機能を持ち合わせることになります。ゲームのソフトを入れればゲームマシンになりますし、ワープロソフトを入れればワープロになる、そして表計算のソフトを入れれば計算機になる…といった具合です。パソコンは何のためにあるのか、パソコンで一体何ができるかは、実は内蔵されたソフトによって決まるのです。ここが誤解しやすいところですが、パソコン本体そのものでその内容が決まるのではありません。結局のところ、パソコンとソフトは切っても切り離せない関係にあり、ソフトがパソコンの世界において、非常に大きな鍵を握っていると言えます。
こうしてパソコンはユーザーの必要な機能を内蔵したソフトを入れることで、初めて単なる機械からユーザーの手となり、足となるのです。先ほどの例に挙げたように、ビジネスや勉強に使えるようになるし、インターネットもゲームもできるようになります。パソコンはこれほどまで多様な機能と可能性を持っているわけで、使いようによってはいくらでも便利になり、ユーザーの仕事や勉強を大きくサポートしてくれるのみならず、生活の質を劇的に変えてくれることになります。

初心者の方も、或いは既にパソコンを使いこなしている方も、一方でパソコンを使いながらもまた一方でパソコンなんて難しい、とっつきにくいなんて思っていませんでしたか。ですが少し今までのイメージを少し変えてみて、もう少しパソコンについて勉強してみれば、パソコンが実は皆さんが思っているよりも遥かに易しく、頼もしく、そしてすばらしい力を発揮してくれることを実感できるようになります。パソコンなんて手に付かない、或いはパソコンの使い方がいまひとつわからないと思っているユーザーの皆さんも、今こそパソコンを知り、パソコンと親しくなって、今までの生活からはとてもうかがい知れなかったパソコンの世界を覗いてみませんか。これをご覧になった皆さんが今まで知らなかったパソコンの世界を理解し、そうしてパソコンとの距離とが今よりもいっそう近づくけることを望んでいます。


おすすめWEBサイト 5選

プリザーブドフラワーの販売

インプラントをお考えなら(前橋)

女の子向けのおしゃれでかわいい韓国子供服専門店です。

人気韓国子供服の女の子用

魚群探知機や流量計などの計測器をお求めの方は是非当サイトをご利用ください。魚体長魚群探知機他、各種計測器を豊富に取り揃えております。

超音波で支援する魚群探知機

小田原城カントリー倶楽部 神奈川県小田原市のゴルフ場。コースからは群青の相模湾が一望でき、海を眺めながらのプレーは格別です。お得なコンペパックなどもご用意しております。

ゴルフコンペなら小田原城カントリー倶楽部